back_edited.jpg

お陰様で大盛況にて終了しました。

​ご参加頂いた皆様、応援頂いた皆様、本当にありがとうございました。

2020.10.17 (土) 10:00-15:00

​米子コンベンションセンター

入場無料

​感染対策

新型コロナウイルス

感染対策対応済みイベント

ご体験ください。

10:30-11:45

10:00-15:00

12:00-14:00

13:15-14:15

14:30-15:00

スクリーンショット 2020-09-30 19.05.03.png
スクリーンショット 2020-09-30 19.05.20.png

ご購入下さい

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram

BSS山陰放送「テレポート山陰」の放送後、お電話でのお問合せやチケット購入が大変混み合います。

​恐れ入りますが、なるべく上記の「チケット&お問合せ」からご連絡いただきますようよろしくお願いします。

2020-09-04%2007.58_edited.png

第7回鳥取県経営研究集会

「超とっとりの夜明け」

​実行委員長 田城敏史

流れる雲に秋の訪れが感じられる昨今ですが、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。日ごろはお力添えを賜り、心よりお礼申し上げます。

 さて、この度の新型コロナウイルスに関する影響は、観光業、飲食業をはじめ、直接的間接的影響と業界業種の枠を超え、売上減少に至り、資金繰りに苦慮されている企業も少なくない状況であります。

 制度融資や持続化給付金によって一時的にしのいでいる企業や逆にコロナの影響により売上アップの企業もあるでしょう。しかしながら、いずれの企業もアフターコロナの時代を見据えると、安心しているわけにはいきません。

 何世紀も前のペスト禍において、その情報の少なさから、畏怖感や差別、偏見など、今回のコロナ禍よりもたいへんであったと認識しております。当時のペスト禍を経て言えることは、ペストが最後の引き金になり、変わるべき悪しき「大帝国主義」「中世封建社会」が、加速して「資本主義」に変わって行ったそうです。今回のコロナ禍も「グローバル経済」「新自由主義」の限界というタイミングでやってきたのかもしれません。

 日本においても、医療と経済のどちらを優先すべきかで、国や地方のリーダーたちは混迷を極めています。過去の経験、世界史を振り返ることで、いまの課題を解決するのに大いに役立ちますが、当時のペスト禍を生き抜けた方々はみな、命やお金よりも、その上にもっと大切なものがあると考えていたそうです。それは、宗教上の「大儀」であったようです。同友会では、企業の目的は、社会貢献だと考えます。我々中小企業家の「大義」とは「経営理念」や「事業理念」になります。いまこそ「理念」を抱き、世のため人のために経営するとはどういうことか再確認することが大事であると考えます。儲け主義を少し緩め、理念型経営、人間尊重経営にかじを切れば、おのずと答えが出るのではないでしょうか。

 また、ペスト禍に求められたリーダーは、みなを鼓舞する勇者ではなく、きちんと対策スキルを持った賢者であったようです。そう、われらが平井伸治鳥取県知事のような方です。クラスター対策条例が全国に先駆けて可決された例からもわかる通り、鳥取県は他県に比べて、新型コロナウイルスに対する施策や行動が早く、県民並びに経営者に対するメッセージを強く感じます。また、鳥取県として、新型コロナウイルスと地域社会との共存を問われていると感じました。新型コロナウイルスに恐怖を感じるよりも、誹謗中傷をはじめとする人としての在り方が問題となっており、明確に謳われております。このように行政は、地域社会のために様々な施策を行っており、特に、市民生活の根幹である経済活動による地域活性化を目指しています。

 さて、我々企業家は、今回のコロナ禍を乗り切るために、いったい何をするべきなのでしょうか?それを考える前に、ウィズコロナ、アフターコロナを少し予想しましょう。もちろん、未来のことなど、私にわかるはずもなく、安倍総理退陣後にいったいどんな社会が待っているのか、想像したいとも思います。

 総務省が8月末に発表した「7月の人口移動報告」によると、東京圏が戦後ほぼ初めて「転出超過」になったようです。いわゆる地方への人口流出、東京一極集中の緩和が始まったのかもしれません。初代地方創生大臣を務めた石破茂鳥取県選出衆議院議員は、3年前に「日本列島創生論」の中で、脱東京一極集中を唱えておられます。地方のことは地方でやる、そんな時代がやってくるのかもしれません。

 企業家のみならず、人が逆境を乗り越えるには、強い「志」が必要です。「志」は、深い「理念」から沸き起こります。企業の命題は、ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)です。我々中小企業家同友会としては、第一に、会員のみなさまに「経営理念」の再認識をしていただくとともに、コロナ禍を力強く生き抜くスキルを考えていただきたい、また、鳥取型「新しい生活様式」を広く県民のみなさま並びに経営者のみなさまへ提言することが必要であると考え、今年度の鳥取県経営研究集会を、例年の様式とは変えて行うことといたしました。

 
出店予定店舗
 

ご協賛企業

順不同

(株)ノーブルライフ

(株)アド・ワーク

Mnetグループ

(株)オールラウンド

(有)ガオス

(有)京呉服 友禅会

(株)しらいし設計室

(株)西米商事

(株)タイヨー通信

ティーアンドディー(有)

(株)D・I・P 

美容室ピュア

docomoショップ米子南店

hardbump

(有)堀鍍金工業所

(株)YDKサービス

(株)赤碕清掃

明日の(株)

(有)アドセンターパル

エレックス(株)

伊藤育興産(株) 鳥取支店

いすゞ自動車中国四国 米子支店・米子サービスセンター

ウィズ・ユー琴浦

(株)HHP

WithIppo(ウィズ一歩)

(株)エスペランサ

(有)エルフェ

(株)エルフィス

(株)アセンス

(株)グライナー

串仁

尾脇電機(株)

(有)カクバンビル

(有)喜多川

(株)グラビティ

(株)クリアメイト

(株)山陰政経研究所

大山こむぎプロジェクト

㈱翼運輸

(株)CREA 

(株)サカモト

(株)サイン技研

サンスイ土地建物

(株)地頭工業

司法書士廣谷栄一事務所

(有)くるまや

(有)新生ケア・サービス 

社会保険労務士法人ヒューマン

社会福祉法人 尚仁福祉会

社会保険労務士事務所 オフィスREWORK

(株)スクエアプラス

スター・プランニング合同会社

(株)静香園

(有)谷浦オートサービス 

(合)TADオンライントレーディング

(株)トーヨータイヤジャパン 米子営業所

トリミング

(株)アマル

日ノ丸産業㈱米子支店

日本インテライツ(株)

NeverLand

美酒佳肴ゆらく

(株)フロイデ

ペペネーロ イタリア館

Verite

ますたに社会保険労務士事務所

まほろば税理士法人

(有)マルニ商店

(株)みたこ土建

村山敏隆税理士事務所

ヤスダ自動車鈑金塗装

米子総建

(株)ライトスタッフ

(株)グレートブレーン 

レイス治療院 米子 

(株)和光製作所

(有)渡辺商店

back_edited.jpg
会 場